English

文字の大きさ 小 中 大
お問い合わせ
  1. HOME
  2. テクノロジー
  3. パイプライン
  4. パイプライン関連論文

テクノロジー

当社は、未充足医療領域のニーズを満たすべく、ワールドワイドに展開が可能な自社技術プラットフォームに基づく次世代ロジカルワクチンの創製を通じて、人々の健康へ貢献することを目指しています。

2017年10月31日に締結した塩野義製薬株式会社との資本業務提携を通じて、創薬に関する基盤技術整備、ならびに当該基盤技術を活用した当社既存自社開発パイプラインの一部及び新規開発候補ターゲットで構成される開発候補品の基礎的研究を推進しています。開発品の基礎的研究においては、組換えタンパク抗原の製造技術、アジュバント技術及び製剤/ドラッグ・デリバリー技術を統合した次世代ロジカルワクチンの創製に取り組んでいます。

次世代ロジカルワクチンとは
当社が目指す次世代ロジカルワクチンとは、これまで10年以上に亘り開発してきたバイオ医薬品技術プラットフォームの各種知見・ノウハウ・技術を活用して、ヒト用感染症予防ワクチンをはじめとする次世代バイオ医薬品の原薬となる組換えタンパク抗原の製造技術、アジュバント技術及び製剤/ドラッグ・デリバリー技術を統合したワクチンの開発コンセプトです。
次世代ロジカルワクチンにより、対象となる感染症に最適な高い有効性及び高生産性の実現を目指しています。すなわち、製剤/ドラッグ・デリバリー技術を活用して、対象となる感染症毎に最適な免疫を誘導することにより、高い有効性を実現することが可能となります。また、アジュバント技術を活用して、より少ない抗原量で高い有効性を実現するのみならず、組換えタンパク抗原を効率よく生産する技術により、当社の現生産体制にて市場をカバー可能な供給量を確保することが可能になるとともに、コスト低減に寄与することが可能となります。

ロジカルワクチンの開発コンセプト:【アジュバント】【組換えたん白質抗原】【製剤、ドラッグ・デリバリー技術】→技術の融合により、高い有効性・高生産性の両面を実現するワクチンを創出

(注)アジュバント:ワクチンの有効性を高めるための免疫増強を目的とする医薬品添加物

ページ先頭に戻る