English

文字の大きさ 小 中 大
お問い合わせ
  1. HOME
  2. 概要
  3. 沿革
  4. 事業系統図
  5. 役員
  6. 事業所

会社沿革

2004年 4月 会社設立
12月 秋田大学医学部と共同研究契約締結
2006年 3月 東京支社を東京本社に名称変更
8月 米国Protein Sciences Corporationより日本国内におけるインフルエンザワクチン(UMN-0501、UMN-0502、UMN-0901)の独占事業化権取得
10月 秋田研究所開設
2008年 4月 新型インフルエンザワクチン製造工場建設のため秋田市に工場用地取得
5月 秋田県と秋田市より誘致企業に認定
6月 UMN-0501 厚生労働省より希少疾病用医薬品に指定
UMN-0501 第I/II相臨床試験開始
8月 新型インフルエンザワクチン製造設備建設に着手
12月 東京本社オフィスの新横浜への移転により横浜本社に名称変更
2009年 1月 UMN-0501 第I/II相臨床試験において免疫原性と安全性を確認
7月 横浜研究所開設
2010年 1月 (株)IHIとインフルエンザワクチン原薬製造共同事業の基本協定を締結
(株)IHIへの第三者割当増資
4月 アピ(株)とインフルエンザワクチン製剤工程に関する包括的業務提携の基本協定締結
5月 インフルエンザワクチン原薬製造子会社(株)UNIGEN設立
(株)IHI、アピ(株)等への第三者割当増資
7月 厚生労働省の「新型インフルエンザワクチン開発・生産体制整備事業(細胞培養法開発事業)」に採択
9月 アステラス製薬(株)とインフルエンザワクチンに関するライセンス契約締結
11月 米国Protein Sciences Corporationより中国・韓国・台湾・香港・シンガポールにおけるインフルエンザワクチンの独占事業化権取得
12月 (株)IHIへの第三者割当増資
2011年 3月 アピ(株)への第三者割当増資
4月 秋田工場稼働
5月 UMN-0502(ASP7374)第I/II相臨床試験開始
7月 UMN-0501(ASP7373)第II相臨床試験開始
12月 UMN-0502(ASP7374)第I/II相臨床試験において免疫原性と安全性を確認
2012年 1月 ノロウイルス・ロタウイルス混合ワクチン(UMN-2003)の全世界における独占的事業化権をタンペレ大学より取得
2月 (株)UNIGENの岐阜工場整備事業が、経済産業省の「平成23年度国内立地推進事業費補助金」一次公募対象事業に採択
3月 (株)UNIGEN岐阜工場着工
UMN-0501(ASP7373)第II相臨床試験において免疫原性と安全性を確認
9月 (株)UNIGENの岐阜工場整備事業が、「岐阜県企業立地促進事業補助金」の補助対象事業に指定
12月 東京証券取引所マザーズ市場に上場
UMN-0502(ASP7374)第III相臨床試験治験薬接種完了
韓国日東製薬(株)とインフルエンザワクチンに関するライセンス契約締結
2013年 3月 UMN-0502 (ASP7374) 第III相臨床試験(高齢者)において免疫原性の非劣性と安全性を確認
4月 横浜本社をみなとみらい地区に移転
5月 (株)UNIGEN岐阜工場竣工
6月 アピ(株)及び(株)ヤクルト本社とがん領域における抗体バイオ後続品の共同事業化に関する契約を締結
10月 アステラス製薬(株)への第三者割当増資
UMN-0502(ASP7374)の第III相臨床試験治験薬接種完了
台湾國光生物科技股份有限公司へ台湾及び中国における組換えインフルエンザHAワクチンの優先交渉権を供与
2014年 1月 UMN-0502(ASP7374)第III相臨床試験(成人)において免疫原性の非劣性と安全性を確認
2月 第一三共(株)とノロウイルスワクチンの共同研究契約を締結
5月 UMN-0502(ASP7374)製造販売承認を申請
2015年 8月 横浜本社を新横浜に移転
ページ先頭に戻る